日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
学会からのお知らせ
  • 夏期講座2018での迷惑行為事件に対する日本言語学会の対応について(2018/12/23)
    夏期講座2018において発生した迷惑行為事件をうけて、日本言語学会として緊急声明を公開しました
    (公開・初回掲載日:2018.11.20)                           

  • 日本言語学会第158回大会のお知らせ(2018/12/23)
    (1) 日時・場所:2019年6月22日(土)・23日(日)、一橋大学(東京都国立市)
    (2) 発表申し込み:3月1日~20日、応募の詳細は下記のサイトをご覧ください。
       大会発表規程・要項
    (3) 手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方はできるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com )にお申し出ください。期限は2019年5月17日(金)といたします。
    (4) 保育室:保育室を設置する予定です。詳細が決まりましたらこのページにてご案内します。保育室の利用を希望される方は2019年5月31日(金)までにlsj.childcare@gmail.comに御連絡下さい。

  • 『日本言語学会80年の歩み』公開(2018/11/14)
    創立80周年記念事業の一環として、『日本言語学会80年の歩み』を発行、公開しました。記念事業のページをご覧ください。

  • 日本言語学会第157回大会のお知らせ(情報更新)(2018/11/01)
    (1)日本言語学会第157回大会(京都大学)の情報が更新されました(予稿集がダウンロード可能となりました・発表キャンセルがあります)。「研究大会について」をご確認ください。
    (2)大会参加費は一般会員 2000円,学生会員 1000円,一般非会員 3000円,学生非会員2000円です。

  • 2019年度「言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト助成」募集(2018/10/29)
    日本言語学会では,2011年1月より「言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト助成」制度を実施しています。日本言語学会会員が共同で言語の多様性に関する調査研究を通して「社会貢献・社会発信」活動を行うことを支援するものです。2019年度の募集を開始しましたので、ぜひ応募ください。
    詳しいことはこちらのページをご覧ください。締切は2月28日です。
    皆さまから斬新なアイディアが寄せられることを期待しています。

  • 2018年度論文賞および第156回大会の大会発表賞(2018/10/11)
    2018年度の論文賞および第156回大会(2018年6月)の大会発表賞が決定しましたのでお知らせします。

    <日本言語学会2018年度論文賞>(1件)
    POPPE, Clemens氏
       "Iambic Feet in Japanese: Evidence from the Maisaka Dialect"
       (『言語研究』第150号, 117-135, 2016年9月)

    <日本言語学会第156回大会(2018年春季,東京大学)大会発表賞>(3件)
    ・坂井美日氏
       「九州方言における主語標示の使い分けと動作主性」
    ・倉部慶太氏
       「ジンポー語における語頭鼻音の成節性」
    ・山田彬尭氏
       "A Modal Approach to no-clauses in Japanese"

    授賞理由につきましては下記のページをご覧ください。
    [論文賞] 
    [大会発表賞]

  • 日本言語学会第157回大会のお知らせ(情報更新)(2018/10/02)
    ・日本言語学会第157回大会(京都大学)の情報が更新されました(プログラムおよび発表要旨公開, 2018.10.02)。「研究大会について」をご確認ください。
    ・大会参加費は一般会員 2000円,学生会員 1000円,一般非会員 3000円,学生非会員2000円です。

  • 日本言語学会第157回大会保育室について(2018/09/30)
    日本言語学会第157回大会 のページが更新され、保育室の情報が掲載されました。

D3ブログのトップへ
教員公募などのお知らせ
D3ブログのトップへ
このページの先頭へ