日本語/English
検索
会員専用ページ
日本言語学会について
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
学会からのお知らせ
  • 次期役員決定(2015/03/10)
    来年度の役員が決定しましたので,お知らせいたします。下記のファイルをご参照ください。

    次期役員

  • 言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト助成(2015/02/17)
    2015年度の「言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト助成」の応募が始まっています。締め切りは2015年3月31日です。多くの方々の応募をお待ちしています。

    http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?content_id=2195

  • 148号の特集「文献言語学」への投稿締め切り延長について(2015/01/24)
    『言語研究』148号(2015年9月刊行予定)で「文献言語学」を特集することになり、2014年12月31日を締め切りとして原稿を募集することを、学会ウエブサイト、および『言語研究』145号でお知らせしたところですが、編集委員会で検討した結果、もう少し締め切りを延長することにしました。新しい締め切りは2015年2月28日です。論文だけでなくフォーラムへの投稿も可能です。さらに多くの投稿をお待ちしています。


  • 日本言語学会のホームページアドレスが www.ls-japan.org に変わります(2015/01/15)
    新サーバーへの移行に伴い、日本言語学会のホームページアドレスが2015年2月2日より変わります。

    新しいアドレス: www.ls-japan.org  

    ブックマークされている方は変更をお願いします。

  • 日本言語学会学会賞(2015/01/09)
    第149回大会(2014年秋季,愛媛大学)の大会発表賞が決定しました。おめでとうございます。

    第149回大会(2014年秋季,愛媛大学)の大会発表賞(1件)

    ・曽根雅輝氏(共同発表者:広瀬友紀氏)
    「名詞複合語連濁生起における、アクセント変化および同一モーラ連続の影響:発話実験による検討」

D3ブログのトップへ
研究会・教員公募などのお知らせ
  • 富山大学公募情報(2015/03/10)
    富山大学から,教職員公募情報が届いております。以下のリンク,ならびに大学のサイトを御覧下さい。

    公募情報
    http://www.u-toyama.ac.jp/outline/employ/index.html

  • 国立国語研究所公募情報(2015/03/10)
    国立国語研究所から,言語学・日本語学・日本語教育学の3つの公募情報(教授・准教授)が届いております。以下のサイトを御覧下さい。

    http://www.ninjal.ac.jp/info/jobs/#RESEARCHER

  • 若手研究者・専門家の発信力強化および米国派遣プログラム(2015/03/02)
    米国社会科学研究評議会(SSRC)より,若手研究者・専門家の発信力強化および米国派遣プログラム”New Voices from Japan" の新年度参加者の公募に関するお知らせが届いております。下記案内,あるいは www.ssrc-nvj.info に記載の情報を御覧下さい。

    公募案内はこちらから。

  • 日本第二言語習得学会・第15回年次大会(J-SLA2015)招待講演者の変更のお知らせ(2015/02/10)
    日本第二言語習得学会(The Japan Second Language Association)では、第15回年次大会(J-SLA 2015)を2015年6月6日(土)、7日(日)に広島大学にて開催いたします。

    年次大会の招待講演者はDr. Holger Hopp(University of Mannheim, Germany)でしたが、事情によりDr. Donna Lardiere(Georgetown University)に変更となりました。

    年次大会での口頭発表、ポスター発表、およびワークショップへの募集締め切りは、2015年2月14日(土)です。

    発表を希望される方は、学会HPを参照してください。
    http://www.j-sla.org/j-sla2015-call-for-papers/

    <問い合わせ先>
    J-SLA事務局柴田 美紀 shibatam@hiroshima-u.ac.jp
    電話: (082)424-6430


  • ろう者と聴者が恊働する手話言語学ワークショップ開催のお知らせ(2015/01/19)
    ろう者と聴者が恊働する手話言語学ワークショップ
    第3回「日本手話の名詞表現」

    企画・運営:松岡和美(慶應義塾大学)

    3月7日(土)14時~17時 慶應義塾大学日吉キャンパス・シンポジウムスペース

    参加費無料・定員60名程度(先着順・事前予約なし)
    日本手話通訳あり・どなたでも参加できます。

    日本手話を母語とするろう者と言語研究を専門とする研究者・大学院生がグループに分かれて日本手話の文法を考察するフィールドワークの「シミュレーション」を行います。当日出席される方には、聴衆としてご参加いただきます。(コメント・質問の時間あり)グループメンバーは、手話話者の母語に関する発見と言語研究者の知見と経験を活かして、全員が協力しながら手話データを収集し整理します。

    この企画は日本言語学会「言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト助成」により開催されます。

    後援:慶應義塾大学教養研究センター

    問い合わせ先:慶應義塾大学 松岡和美研究室 matsuoka*z7.keio.jp(*を@に変えて送信してください)


D3ブログのトップへ
このページの先頭へ