日本語/English
検索
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
トップ  >  学会誌『言語研究』  >  執筆要項(抜粋)

執筆要項(抜粋)

お知らせ:『言語研究』への投稿が電子メールでもできるようになりました。

抜 粋

※執筆の際は必ず執筆要項の全文(PDFファイル,200KB)をご参照ください。

1. 投稿原稿のカテゴリー

会員が投稿できるカテゴリーを次の4つとする。
a) 論  文
完成した研究論文
b) フォーラム
a) のカテゴリーに属さない小論文や萌芽的な研究、他者の論考に対する批判的考察など
c) 書評論文
他者の出版物に対する批判的考察で独自の提言を含む論文
d) 書評・紹介
他者の出版物に対する短評

2. 使用言語

日本語、英語、フランス語、ドイツ語とする。

3. 提出部数ならびに様式

  1. 論文は郵送または電子メールで学会事務局に提出する。いずれの場合も,2週間以内に受領確認のメールが編集委員長から直接届かないときは学会事務局に問い合わせること。郵送の場合は鮮明に印刷された原稿を4部提出する。メール投稿の場合は,下記(c)の「論文本体,注,参照文献,要旨」を合わせてひとつのPDFファイルとし,「表紙」はWORDまたはテキストファイルとして別に添付する。
  2. 原稿はA4判用紙,上下左右に2.5cmのマージンをとり,図表や例文を含まない1頁が約900字(邦文),あるいは約350語(欧文)になるように書式を調整した上で,図,表,文献等を含め,邦文論文・欧文論文ともに,40頁以内,フォーラム欄用原稿は同じく15頁以内,書評論文は20頁以内,書評・紹介は10頁以内とする。この指示に従っていない原稿は,原則として受領しない。
  3. 原稿は、以下の順序、体裁で整える。表紙を除き、論文本体、注、参照文献、要旨の総てのページに通し番号をつける。
表紙
投稿原稿のカテゴリー名。表題(副題を含む。欧文の場合は日本語訳、邦文の場合は欧文訳を添える)、執筆者名(ふりがな)、所属機関(ない場合は「なし」と明記)、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、ファクス番号、e-mailアドレス)。
論文本体
冒頭に論文名(副題も含む)を書き、使用言語による最大5個のキーワード、そして本文と続ける。査読は匿名で行われるので、表紙以外には執筆者名、所属機関名は書かない。また、本文中でも執筆者名が特定できるような表現はできるだけ避ける。
ただし、引用のためだけの注は付けない。
参照文献/要旨
邦文論文・欧文論文とも、日本語(400字以内)と欧文(20行以内)の両方の要旨を付ける。ただし、論文原稿と異なる言語による要旨は、採用が決定してから提出してもよい。
(2014年6月改訂)


このページの先頭へ