日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  学会誌『言語研究』  >  執筆要項(抜粋)および投稿・審査システムについて

執筆要項(抜粋)および投稿・審査システムについて

お知らせ: 『言語研究』への投稿は、 基本的に「『言語研究』投稿・審査システム」(以下、「投稿・審査システム」)を通じて行っていただきます。

 執筆の際は必ず執筆要項の全文(PDFファイル, 1.1MB)と、「『言語研究』投稿・審査システム:著者・ユーザ登録マニュアル(日本語版)」をご参照ください。



執筆要項抜粋

1. 投稿原稿のカテゴリー

会員が投稿できるカテゴリーを次の4つとする。
a) 論 文
完成した研究論文
b) フォーラム
a) のカテゴリーに属さない小論文や萌芽的な研究、他者の論考に対する批判的考察など
c) 書評論文
他者の出版物に対する批判的考察で独自の提言を含む論文
d) 書評・紹介
他者の出版物に対する短評

2. 使用言語

日本語、英語、フランス語、ドイツ語とする。

3. 提出方法とファイルの様式

  1. 論文は原則として「『言語研究』投稿・審査システム」(以下, 投稿・審査システム)によって提出する。投稿・審査システムにアップロードするファイルは, 下記(c)の「論文本体,注,参照文献,要旨」を合わせてひとつのPDFファイルとしたものとする。やむを得ない理由により投稿・審査システムが利用できない場合は, 事務支局に連絡を取って, 紙面による投稿の方法を確認すること。
  2. 原稿はA4判用紙,上下左右に2.5cmのマージンをとり,図表や例文を含まない1頁が約900字(邦文),あるいは約350語(欧文)になるように書式を調整した上で,図,表,文献等を含め,邦文論文・欧文論文ともに,40頁以内,フォーラム欄用原稿は同じく15頁以内,書評論文は20頁以内,書評・紹介は10頁以内とする。この指示に従っていない原稿は,原則として受領しない。

    WORDファイルのテンプレート(邦文, 英文)を下記リンクからダウンロードすることができます。
      邦文テンプレート  英文テンプレート

  3. 原稿は、以下の順序、体裁で整える。論文本体、注、参照文献、要旨の総てのページに通し番号をつける。
論文本体
冒頭に論文名(副題も含む)を書き、使用言語による最大5個のキーワード(研究の分野や方法をよく示すもの)、そして本文と続ける。査読は匿名で行われるので、執筆者名、所属機関名は書かない。また、本文中でも執筆者名が特定できるような表現はできるだけ避ける。
キーワードは, 研究の分野(音声学, 統語論, ○○語の記述等)や方法(理論研究, フィールド調査, 文献調査, 実験等)が専門外の人にも分かるような選び方をしてください。
ただし、引用のためだけの注は付けない。
参照文献
参照文献にローマン・アルファベット以外の表記を含めた場合(詳細は6を参照), インターネット公開用にローマン・アルファベット表記(日本語のローマ字表記・ピンイン等を含む)のみによる参照文献リストを, 採用が決定してから別途提出する。
要旨
邦文論文・欧文論文とも、日本語(400字以内)と欧文(20行以内)の両方の要旨を付ける。ただし、論文原稿と異なる言語による要旨は、採用が決定してから提出してもよい。
(2017年3月改訂)


このページの先頭へ