日本語/English
検索
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
トップ  >  研究大会について

研究大会について

サブカテゴリー

日本言語学会第153回大会
日本言語学会第153回大会

期日:2016年12月3日(土)・4日(日)
会場:福岡大学(福岡市城南区七隈)

会長:窪薗晴夫
大会運営委員長:佐々木冠
大会実行委員長:江口正

プログラム
大会プログラム (PDF版)1.27MB
発表要旨(PDF版)802KB
予稿集ダウンロード用ページ

大会1日目 12月3日(土)

13:00-17:40 口頭発表
18:00-20:00 懇親会

大会2日目 12月4日(日)

10:00-12:00 ワークショップ
11:30-12:50 ポスター発表 
13:00-13:20 会長挨拶,開催校挨拶,学会賞授賞式
13:20-16:20 公開シンポジウム

公開シンポジウム
「方言研究から言語研究へ」

 日本語方言に対する理論的な研究は、音韻論や形態論で進み、統語論や意味論では大きな進展が見られにくい。たとえば意味論における問題は、意味を入れる形式には方言ごとのバリエーションが見られやすいが、意味そのものは普遍的な性質を持つこと、また話者にとって、方言の形に対する内省は容易なのに対し、意味の内省は複雑な文脈を伴い容易ではないことなどが挙げられよう。しかし、個別の方言の記述では標準語との用法の違いがしばしば指摘され、方言ごとに異なった意味のカテゴリーがあることは明らかである。問題は、そのような「用法の違い」を超えて、方言研究が言語研究一般に貢献するような知見を提供できるか、である。このシンポジウムでは、実際フィールドに出てデータを収集している研究者をパネリストとし、方言データの収集から一般言語研究への貢献までどのようにデータと論理を構成して深化させていけばよいのかを議論する。またそのことにより、様々なデータを扱う研究者と理論に興味を持つ研究者の橋渡しを行いたい。

<講師・演題>
講師 有田節子(立命館大学)
「条件文の時制とモダリティの意味論ー方言条件形式「ぎー」をめぐって―」
講師 下地理則(九州大学)
「格体系を調べる方言調査票の開発・利用と問題点-九州・琉球方言の事例報告-」
講師 山田真寛(立命館大学)
「敬語体系の意味論・語用論ー琉球与那国語の調査・分析の事例報告-」
講師 衣畑智秀(福岡大学)
「係り結びと疑問詞の量化―宮古伊良部集落方言の事例から―」
ディスカサント 定延利之(神戸大学)

・152回大会から予稿集をPDFで学会ウェブページから頒布します(移行措置として153回大会まで従来通りの紙媒体予稿集も発行されます)。
 予稿集ダウンロード用ページ
・予稿集のPDF化にともない大会発表関連の規程が改定されました。

手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方は2016年10月17日(月)までに学会事務支局(lsj@nacos.com)に御連絡下さい。

保育室:以下のPDFファイルをご確認の上、11月9日(水)までにlsj.childcare@gmail.com にお申し込みください。
保育室の設置について (PDF)215KB
今後の大会スケジュール
日本言語学会の今後の大会スケジュールは以下のとおりです。
  • 154回大会 首都大学東京   2017年6月24日・25日(予定)
  • 155回大会 立命館大学   2017年11月(予定)
大会発表規定・要項
発表応募手続き

大会発表応募

大会発表に応募する際は、「日本言語学会 大会発表規程」「日本言語学会 大会発表要項」に記載された応募条件、応募手続き、発表要旨(応募用)の作成方法などについて十分ご理解いただいた上で、「ウェブページからの応募」あるいは「郵送による応募」のいずれかの方法で応募してください。

【ウェブページからの応募方法】

  1. 下記の大会発表応募フォームに必要事項を記入し、発表要旨(応募用)(PDF形式)を添付して送信してください。
    • ※特殊文字等を使用する場合は、受信側で文字化けが生じないように、応募者の責任で確認をお願いします。
    • ※PDF変換前の原稿、PDFファイルの「プロパティ」を確認し、作者名等が記載されている場合は削除してください(審査の匿名性を確保するため)。
  2. 提出ファイルおよびファイル名
    • 発表要旨(応募用)(PDF形式) 1部
    • ファイル名: 発表者ローマ字氏名.pdf(例:tanaka.pdf)
  3. 受付期間
    • 春季大会 3月1日〜20日 24:00 (日本時)
    • 秋季大会 8月1日〜20日 24:00 (日本時)
  4. 発表応募が受け付けられたら、フォームに記入された代表者のメールアドレスに入力情報が自動返信されます。返信がない場合は、まず返信が迷惑メールに分類されていないかどうか確認してください。(Gメールアドレスの方の場合、この返信メールが上手く受信されない例がありますので、特にご注意ください。)それでも確認できない場合は、発表応募締切の翌日までに学会事務支局に問い合わせてください。(学会事務支局:lsj@nacos.com
    ※お盆期間(8/11~8/16)中の問い合わせには8/17以降対応します。
  • 「大会発表応募フォーム」へ

  • ※受付開始前にリンク先をご覧になっていた場合に,ページがうまく表示されないことがあります。その際は,恐れ入りますが,ウェブブラウザーのキャッシュを削除いただき,ページの再読み込みをお試しいただけるよう,よろしくお願いいたします。

    【郵送による応募方法】

    1. 下記の「大会発表応募用紙」をダウンロードし、発表申込書に必要事項を記入の上、印刷したものを発表要旨(応募用)と一緒に日本言語学会事務支局まで郵送してください。発表要旨(応募用)は「大会発表要項」に記載された様式にしたがって作成してください。
    2. 提出ファイルおよびファイル名
      • 発表申込書 3部
      • 発表要旨(応募用) 6部
    3. 提出先
      • 日本言語学会事務支局 〒602-8048 京都市上京区下立売通小川東入
      • Tel.(075)415-3661、Fax.(075)415-3662
    4. 締切
      • 春季大会 3月20日 24:00 (日本時)
      • 秋季大会 8月20日 24:00 (日本時)
  • 大会発表応募用紙(ここからダウンロードしてください)
  • ※大会発表応募用紙記入上の注意

    1. 題目の表記方法
      • ワークショップの場合は、全体のタイトルを記入してください。
      • 朝鮮語・中国語の固有名詞は、漢字表記でも原語読み(カタカナ表記)でもよい。漢字表記と原語読みの併記も可。
      • 日本語・朝鮮語・中国語以外の言語の固有名詞は、カタカナ表記またはローマ字表記とする。
      • 題目の英語訳は、冒頭と固有名詞の語頭のみ大文字にする。固有名詞のローマ字表記は当該言語の使用地域で標準的に用いられているローマ字転写法を使用する。(例:The tonal system of the Suzhou dialect)
    2. 氏名の表記方法先
      • 「漢字・仮名表記氏名」は、発表者が日本語で論文を書く場合の表記を用いる。姓を前に置く場合はスペースで区切り、姓を後に置く場合は「・」で区切る。
      • 例 「山田 奈緒子」「うえだ じろう」「ホー チ ミン」「ジョージ・ワシントン」「ワシントン ジョージ」
      • 「ローマ字表記氏名」は、発表者が英語で論文を書く場合の表記を用いる。姓の部分はすべて大文字にする。姓と名の順序は自由。
      • 例 「YABE Kenzo」「Kenzo YABE」「George WASHINGTON」
      • 記入例
        • [矢部 謙三/Kenzo YABE]
        • [キム サンチョル/KIM Sangcol]
    3. 機器使用の際の注意
      • 応募後の使用機器の追加・変更はできません。
      • 会場の都合でご希望の機器が使えない場合は、事務局より連絡をさしあげます。
      • プロジェクタ使用の場合、パソコンは各自ご持参ください。
      • トラブルに備え、機器が動作しなくても発表ができるようにご準備ください。

    【採用決定後の通知等】(ウェブページ・郵送共通)

    1. 大会発表の採否は、大会運営委員会で決定後、直ちに応募者に通知します。
    2. 採否通知は原則として電子メールで行いますが、郵送による通知を希望する方には郵送で行います。
    3. 結果通知は、春季大会は4月10日ごろ、秋季大会は9月10日ごろを予定しています(数日程度の遅れが生じる可能性があります)。
    4. 採用決定後の発表題目の変更、発表者の変更、使用機器の追加・変更はできません。
    5. 採用の場合、採用通知時に大会発表要旨および予稿集原稿の提出を依頼しますので、指定期日までに原稿をご提出ください。(日本言語学会 大会発表要旨作成要項)(日本言語学会 予稿集原稿作成要項)

    (2015年6月20日 改訂)

    過去の大会一覧

    凡例とおことわり

    • プログラムの情報は,『日本言語学会大会100回の歩み』(1990年6月)および『言語研究』各号の彙報をもとにしています。

    • 一覧の大会名からプログラムがご覧いただけます。
    • 1942(昭和17)年から1946(昭和21)年にかけて不明の時期があります。
    • 1954(昭和29)年の第31回大会から、それまでの大会と講演会を合わせた回数で回次が整理されました。
    • 下の一覧中の「(記録なし)」の部分について情報をお持ちの方は、事務局までご一報ください。
    予稿集バックナンバー
    ・予稿集の発行は111回大会から始まりました。
    ・151回大会までの予稿集のバックナンバーを購入ご希望の方は、希望の号と購入部数、送付先を明記して、郵便やファックス、E-mail などで学会事務支局までお申し込みください。折り返し、在庫状況と代金をお知らせいたします。
    ・代金は予稿集送付時に同封される振込用紙にて、後日ご送金ください。
    ・152回大会以降の予稿集は以下のリンクからダウンロードすることができます。

    152回大会予稿集 ダウンロードページ

    ※第111回~第123回大会予稿集は在庫切れです。

    注文先


    日本言語学会 事務支局

    住所: 〒602-8048 京都市上京区下立売通小川東入
    電話: 075-415-3661
    FAX: 075-415-3662
    E-mail: lsj@nacos.com

    このページの先頭へ