日本語/English
検索
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
トップ  >  研究大会について  >  日本言語学会第154回大会

日本言語学会第154回大会

日本言語学会第154回大会

期日:2017年6月24日(土)・25日(日)
会場:首都大学東京(八王子市南大沢)

会長:窪薗晴夫
大会運営委員長:内海敦子
大会実行委員長:小川定義

公開シンポジウム(6月25日日曜日)
「言語への脳遺伝学的接近」

<司会> 本間猛(首都大学東京大学院人文科学研究科)
<パネリスト>
 保前文高(首都大学東京大学院人文科学研究科)
  「発達期における脳と言語―普遍性と固有性の共存 」
 大隅典子(東北大学大学院医学系研究科)
  「齧歯類を用いた音声コミュニケーション解析と遺伝的・環境的影響 」
 星野幹雄(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
  「自閉症・言語障害などの原因遺伝子AUTS2の解析 」
 池内正幸(名古屋外国語大学)
  「ヒトは、いつ、どのようにして言語を持つようになったのか --- 言語の起源と進化をめぐって 」

  • 手話通訳等の支援: 手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方は、できるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com )まで御連絡下さい。受付締切は2017年4月24日(月)です。

  • 保育室: 保育室の利用を希望される方は、以下のPDFファイルをご確認の上、2017年5月19日(金)までにlsj.childcare@gmail.com にお申し込みください。
    保育室の設置について(PDF)180KB

  • 予稿集をPDFで学会ウェブページから頒布します。本大会より紙媒体での予稿集は頒布いたしません。開催1週間前よりHP上でPDFファイルを準備いたしますので、必ず事前にダウンロードを済ませて会場にお越し下さい。
  • プログラム詳細は後日公開予定です。


このページの先頭へ