日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  研究大会について  >  日本言語学会第157回大会

日本言語学会第157回大会

日本言語学会第157回大会

期日:2018年11月17日(土)・18日(日)
会場:京都大学(京都市左京区吉田本町)

会長:田窪行則
大会運営委員長:山越康裕
大会実行委員長:吉田和彦

大会プログラム(PDF版)1.28MB発表要旨(PDF版)784KB予稿集ダウンロード (PDF 46.5MB)

※紙媒体の予稿集は頒布しません。大会直前・当日はアクセスが集中しますので、予稿集は事前にダウンロードしたうえでご参加ください。
※ポスター発表P-4(大熊富季子「日本語学習者による遊離数量詞の解釈の習得」)は発表者の都合により取り消しとなりました。

80周年記念シンポジウム(11月18日)
 「新村出初代会長から80年――言語学はいま?そしてこれから?」

 日本言語学会が設立されたのは1938年に遡り、本年は設立80周年にあたる。初代会長は新村出先生で、1967年まで30年の長きにわたり会長の任を果たされた。在任中は戦禍や社会的変動を経験されながらも、日本言語学会の礎を築かれ、我が国の言語研究の質的向上、量的拡大に尽くされた。その後今日までの50年において、日本言語学会はいっそう発展し、言語研究は多彩な展開を遂げている。このシンポジウムでは、言語学の3つの中心的分野について、新村先生の学問を知る研究者が、創設期の研究状況を踏まえながら今日までの発展、さらには今後の展望について報告を行ったうえで、それぞれの報告についてコメンテーターおよびフロアを交えて討議を行う。

<司会>
 吉田和彦(京都大学)
<題目・登壇者>
 「新村出とフィールド言語学」千田俊太郎(京都大学)
    コメンテーター:米田信子(大阪大学)
 「新村出と歴史言語学」アダム・キャット(京都大学)
    コメンテーター:小林正人(東京大学)
 「新村出と言語理論」定延利之(京都大学)
    コメンテーター:野田春美(神戸学院大学)


  • 手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方はできるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com )にお申し出ください。期限は2018年10月15日(月)といたします。
  • 保育室:保育室の利用を希望される方は以下のPDFファイルをご確認の上、2018年10月26日(金)までにlsj.childcare@gmail.comに御連絡下さい。保育室の設置について(PDF)212KB


このページの先頭へ