日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  研究大会について  >  日本言語学会第155回大会

日本言語学会第155回大会

日本言語学会第155回大会

期日: 2017年11月25日(土)・26日(日)
会場: 立命館大学衣笠キャンパス(京都市北区等持院北町)

大会参加費:一般会員2,000円, 学生会員1,000円。非会員の方は一般3,000円, 学生2,000円です。

会長:窪薗晴夫
大会運営委員長:内海敦子
大会実行委員長:有田節子

大会プログラム(PDF版)1.13MB発表要旨(PDF版) 973KB

公開シンポジウム(11月26日 日曜日)

Title: Formal Approaches to Subjectivity and Point-of-View(「理論言語学が解き明かす主観性と視点」)

<Chair/Organizer>
Takeo KURAFUJI (Ristumeikan University)

<Symposium Objectives>
The importance of subjectivity and point-of-view has long been recognized in linguistics and philosophy of language, but how to define and use them varies from discipline to discipline. This symposium aims to familiarize the audience with formal approaches to these concepts and to show how they account for cross-linguistic novel data.

<Topic and Speakers>
 Counterstance Contingency: A Pragmatic Theory of Subjective Meaning
  Chris KENNEDY (University of Chicago)
 The Logophoric Hierarchy as Seen from the Point-of-View Projections
  Taisuke NISHIGAUCHI (Kobe Shoin Women's University)
 Modal Questions and Point-of-View Shift in Korean and Japanese
  Yukinori TAKUBO and Masahiro YAMADA (National Institute for Japanese Language and Linguistics)

  • 手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方は、できるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com)まで御連絡下さい。受付締切は2017年10月16日(月)です。
  • 保育室:保育室の利用を希望される方は以下のPDFファイルをご確認の上、2017年11月4日(土)までにlsj.childcare@gmail.comにお申込み下さい。

    保育室の設置について(PDF)178KB

  • 予稿集はPDFで学会ウェブページから頒布します。紙媒体の予稿集は頒布しません。


このページの先頭へ