日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  研究大会について  >  日本言語学会第158回大会

日本言語学会第158回大会

日本言語学会第158回大会

期日:2019年6月22日(土)・23日(日)
会場:一橋大学(東京都国立市)

会長:田窪行則
大会運営委員長:山越康裕
大会実行委員長:庵 功雄

大会プログラム(PDF版)1.50MB予稿集ダウンロード(158.zip)

※紙媒体の予稿集は頒布しません。大会直前・当日はアクセスが集中しますので、予稿集は事前にダウンロードしたうえでご参加ください。
※会場ではdocomo等公衆無線サービス(サービスに加入している必要あり)とeduroam以外は利用できない見込みです。必ず事前にダウンロードしたうえでお越しくださいますようお願い申し上げます。

大会参加費は一般会員 2,000円,学生会員 1,000円,一般非会員 3,000円,学生非会員2,000円です。ただし2日目の公開シンポジウム(下記)は無料でご参加いただけます。

●公開シンポジウム(6月23日)
「アスペクト研究の新しい視座としての「テイル」研究―日本語学から一般言語学への貢献―」

 日本語学におけるアスペクト研究の中心は「テイル」に関するものである。これに関しては、工藤(1995)を一つのまとまりとする、「テイル・スル」の対立関係からテイルを位置づけるアスペクト研究の流れが注目されている。しかし、この結論についてこれまで十分に議論されてきたとは言えない。また、アスペクト研究には多様な側面があり、一般言語学的観点も含めて改めて検討する必要がある。本シンポジウムでは、こうした観点を踏まえ、「テイル」に関する新しいアプローチを紹介するとともに、その一般言語学への貢献についても考えたい。

<司会>
 庵 功雄(一橋大学)
<登壇者>
 庵 功雄(一橋大学) 趣旨説明
 森山卓郎(早稲田大学)「事態のアスペクチュアルな意味と「テイル」」
 定延利之(京都大学) 「エビデンシャリティから見た「テイル」」
 庵 功雄(一橋大学) 「日本語教育文法から見た「テイル」」
 指定討論者:岩本遠億(神田外語大学)


  • 手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方はできるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com )にお申し出ください。期限は2019年5月17日(金)といたします。
  • 保育室:保育室の利用を希望される方は以下のPDFファイルをご確認の上、2019年5月31日(金)までにlsj.childcare@gmail.comに御連絡下さい。保育室の設置について(PDF)204KB




このページの先頭へ