日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  研究大会について  >  大会発表規程・要項  >  大会発表規程 [2016.06.26 改訂]

日本言語学会 大会発表規程

  1. 日本言語学会(以下「本学会」)の大会発表は、(1) 口頭発表、(2) ポスター発表、(3) ワークショップの3種類を設ける。
  2. 本学会の会員は、大会発表に応募することができる。共同発表は、筆頭発表者が会員であれば応募できる。ワークショップは、企画者と司会者が会員であれば応募できる。
  3. 大会発表に応募する際に、応募時の年度までの会費が未納の場合は発表応募を受け付けない。
  4. 発表内容は、未発表であり、かつ発表応募時において本学会の大会以外の発表応募や投稿を行っていないものに限る。採用通知後にこの条件が満たされていないことが判明した場合は、採用を取り消す。また、大会予稿集掲載後に発表が取り消された大会予稿集原稿は、大会予稿集から削除する。
  5. 大会発表の応募および大会における発表は、大会運営委員会が定める大会発表要項に基づいて行う。
  6. 大会発表の採否は大会運営委員会が決定する。
  7. 学会ホームページおよび『言語研究』掲載の大会発表要旨は、提出された時点で発表者全員が「日本言語学会著作物取扱規程」を承諾したものとする。
(2015/11/28修正案可決)
(2016年6月25日修正案可決)
プリンタ用画面

このページの先頭へ