日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  研究大会について  >  大会発表規程・要項  >  大会発表要旨作成要項(採用者のみ) [2017.07.12改訂]
lsj E edit

日本言語学会 大会発表要旨作成要項(採用者のみ)

(注意)発表応募時の「発表要旨」の作成にあたっては「大会発表応募要旨作成要項」を参照して下さい。

1. 掲載先

学会ホームページ(大会前)、『言語研究』(大会後)に同一内容の発表要旨を掲載する。
(大会後に要旨の内容を変更することはできない。)

2. 内容・分量

口頭発表/ポスター発表の場合は、次のことを書く。

(1)
発表題目
(2)
発表者氏名
(3)
要旨(和文400字以内、英文120語以内、図表等を含む)

ワークショップの場合は、次のことを書く。(1)~(3)はワークショップ全体について、(4)~(6)は各発表について書く。

(1)
ワークショップ題目
(2)
企画者、司会者、コメンテーター氏名
(3)
ワークショップ全体の要旨(和文400字以内、英文120語以内、図表等を含む)

(以下、各発表について)

(4)
発表題目
(5)
発表者氏名
(6)
要旨(和文400字以内、英文120語以内、図表等を含む)

3. 使用言語

日本語発表の場合は日本語、英語発表の場合は英語で作成する。

4. 書式

学会ホームページへの掲載を考慮し,可能な限り以下の原則に従うこと。

  • JISまたはUnicodeに準拠した文字を用いる (外字は使用しない)。
  • 文字修飾は最小限にとどめ,また特殊な文字の使用は可能な限り避ける。
  • やむをえずラテン文字系の特殊文字(音声記号を含む)を使う場合は,Doulos SILフォント (Unicode対応) を用いる。
     参考:http://scripts.sil.org/cms/scripts/page.php?site_id=nrsi&item_id=DoulosSILfont

5. 提出方法

Wordファイルまたはテキストファイルを学会事務支局に電子メールで送信する。送信の際は「件名(subject)」を次のようにする。

  • 口頭発表:「口頭発表要旨(筆頭発表者名)」
  • ポスター発表:「ポスター発表要旨(筆頭発表者名)」
  • ワークショップ:「ワークショップ要旨(企画者名)」

フロッピーディスクを学会事務支局に郵送するのでもよい(フロッピーディスクは返却しない)。

6. 提出期限

採用通知の際に通知する。

7. 提出先

日本言語学会事務支局(lsj@nacos.com
〒602-8048 京都市上京区下立売通小川東入 日本言語学会事務支局

8. その他

著者校正は行わない。
『言語研究』の1ページに発表要旨3件分を収める。規定の分量を超えるものは再提出を求める。

(2007/11/24 改訂)

プリンタ用画面

このページの先頭へ