日本語/English
検索
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
トップ  >  学会誌『言語研究』  >  特集論文の募集  >  過去の特集論文『言語研究』138号

『言語研究』138号特集論文募集



『言語研究』138号(2010年9月刊行予定)では「コーパスを活用した言語研究」というテーマで特集論文を募集します。
原稿締め切りは2010年1月31日です。
近年、伝統的な定性的言語分析に加え、言語コーパスを利用した定量的な言語分析が注目を集めています。本特集ではコーパスやその使い方を紹介するだけでなく、「コーパスを使ってどのような言語分析ができるのか、その分析結果を示す」というところに力点を置いています。そのような観点からの研究成果をお寄せ下さい。
論文の書式や投稿方法は通常の投稿論文の場合と同じですので、投稿規程と執筆要項をご覧下さい。
なお、138号は通常の研究論文とフォーラム(研究ノート)の投稿も受け付けます。投稿は随時受け付けています。

『言語研究』編集委員会

プリンタ用画面

このページの先頭へ