日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報

D3ブログ - lsj.webmasterさんのエントリ

筑波大学の公募情報

カテゴリ : 
公募
執筆 : 
lsj.webmaster 2018-3-12 11:52
筑波大学グローバルコミュニケーション教育センターでは、共通科目「国語」の教員(准教授又は助教)を公募しています。採用予定日は2018年10月1日、応募締め切りは4月20日(金)必着です。詳しくは以下のページをご覧下さい。
http://www.cegloc.tsukuba.ac.jp/page/page000578.html

国立国語研究所で、2018年3月3日(土)10:00~15:00にシンポジウムが開催されます。
「日本語学習者はどのように文章を理解しているのか― 目の動きから見えてくるもの―」
詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180303-sympo/

夏期講座2018のホームページが開設されました。
https://sites.google.com/view/lsj2018/

2018年度夏期講座のお知らせ

カテゴリ : 
サイト更新情報
執筆 : 
lsj.webmaster 2018-2-9 10:58
夏期講座2018(8月20日~25日、東京外国語大学府中キャンパス)の開講科目と講師が公開されました。詳細はリンクをご覧ください。
http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?cat_id=174


2018~2020年度役員(会長,編集委員長,会計監査委員,評議員)の選挙を,会則・選挙規則および選挙細則に基づいて,2017年12月~1月に実施いたしました。2018年1月21日開催の選挙管理委員会で開票しましたところ,以下のような結果となりました(敬称略)。
  1. 会 長: 田窪行則
  2. 編集委員長: 井上 優
  3. 会計監査委員: 上山あゆみ、加藤重広
選挙の詳細および評議員選挙の結果につきましては こちら をご覧ください。
日本言語学会選挙管理委員会


アメリカ言語学会の黒田フェローシップ基金(Yuki Kuroda Student Fellowship Fund)を支援するために、日本言語学会でも「黒田基金」として募金活動を行いましたところ、昨年7月から12月末までの半年間で総額1,057,000円の寄付が集まりました。ご協力下さった会員の皆様に厚く御礼申し上げます。2018年1月26日に、学会からの寄付金(10万円)とあわせてアメリカ言語学会の基金に送金いたしました。ご報告申し上げます。
http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?cat_id=179

2018年2月20日(火)、キャンパスプラザ京都にて標題のNINJAL研究発表会が開催されます。詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180220-18/

国立国語研究所と東京外国語大学は、日本各地の危機言語・方言と、それに隣接する北東アジアの危機言語を主に取り上げ、言語の記述・ドキュメンテーション・復興について考えるシンポジウムを企画しました。現在、同シンポジウムの前日に開催するポスターセッションの発表者を募集しています。ご興味のある方は、以下のHPの募集要項をご確認のうえご応募ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/symposium/20180806_intlsympo/

NHKでは、2018年度第2回学術利用トライアルの募集を行っています。詳細については以下のリンクをご覧ください(締切は3月30日)。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

2018年2月17, 18日(土, 日),国立国語研究所にて標題の共同研究発表会が開催されます。詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180217-sympo/

「言語における系統・変異・多様性とその数理」(統計数理研・国語研・民博)シンポジウムが開催されます。詳細は以下をご覧ください。
http://www.ism.ac.jp/~daichi/workshop/2018-statling/

第155回大会(2017年11月)の大会発表賞が決定しましたのでお知らせします。授賞理由につきましては下記のページをご覧ください。
http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?cat_id=167

<日本言語学会第155回大会(2017年秋季,立命館大学)発表賞>(2件)
・木本 幸憲氏
  「状態性と事態解釈:アルタ語(フィリピン)に見られる非動作動詞」
・髙橋 康徳氏
  「定量的な観点から見た上海語の変調域」


『言語研究』刊行のお知らせ

カテゴリ : 
サイト更新情報
執筆 : 
lsj.webmaster 2017-12-22 14:44
『言語研究』152号(2017年9月号)が刊行されました。特集「生成文法 --移動現象をめぐって--」の論文3編と一般論文と2編を収めています。会員のみなさまのお手元には届いていると思います。(2017年度の会費が未納の方には届きませんので納入をお願いいたします)。
なおすべての論文が、発刊と同時に web上で全文が公開されます。詳細は下記ページをご覧下さい。
http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?content_id=2309


「黒田フェローシップ基金(Yuki Kuroda Student Fellowship Fund)」の募金期間終了の日は12月末日です。趣旨に賛同し、協力くださる方は、ご寄付をお願いいたします。詳しくは、下記のページをご覧ください。
http://www.ls-japan.org/modules/documents/index.php?cat_id=179

2017年12月23日(土),国立国語研究所にて標題のシンポジウムが開催されます。詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20171223-sympo/

このページの先頭へ