日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
トップ  >  学会の諸活動

学会の諸活動

サブカテゴリー

日本言語学会学会賞
日本言語学会では,学会の研究活動の一層の向上・充実を目的とし,若手会員に主眼を置いて,優れた研究を顕彰するために,論文賞大会発表賞の2つの賞を創設いたしました。優れた研究論文や研究発表がますます活発に投稿・応募されることを期待しております。
なお、直近の受賞者は以下の通りです。
  • 2020年度 論文賞 [詳細はこちら]
    • 大滝 宏一氏(共著者:杉崎鉱司氏、遊佐典昭氏、小泉政利氏) “Two Routes to the Mayan VOS: From the View of Kaqchikel”
    • 長屋 尚典氏 “The Thetic/Categorical Distinction in Tagalog Revisited: A Contrastive Perspective”
  • 第161回大会(2020年秋季,オンライン)の大会発表賞(2件) [詳細はこちら]
    • 山岡 翔氏「ベトナム語ハノイ方言の二重母音の音韻表記について:音響的観点からの検討」
    • 吉田 樹生氏「シンハラ語における数標示の形態論的有標性と頻度」


過去の受賞者については本ページ下部のリンクよりご覧ください。

○日本言語学会論文賞 (2011年度より実施)

過去2年度(4号分)の『言語研究』に掲載された「論文」の中から,特に優れた論文に対して授与されます(賞状および副賞賞金)。(毎年1件。最大2件)(「日本言語学会論文賞」規程)

2020年度の論文賞(2件)

大滝 宏一氏(共著者:杉崎鉱司氏、遊佐典昭氏、小泉政利氏)
Koichi OTAKI, Koji SUGISAKI, Noriaki YUSA, and Masatoshi KOIZUMI, “Two Routes to the Mayan VOS: From the View of Kaqchikel”,『言語研究』156号, pp.25-45(2019年9月)[本文PDF]

 本論文は、Kaqchikel語のVOS語順がどのように派生されているかについての2つの説を検討し、1つの説である右側指定部の分析が他の分析よりも優れていることを論じたものである。比較的研究の少なかった言語について、2つの仮説を統語的議論に基づいて検討しながら、語順の問題を理論的に追求した点は、高く評価できる。特に、Kaqchikel語のVOS語順のpredicate-fronting分析に反対する議論は説得力もあり、優れている。この議論が他のVOS言語の分析との関連でどのような理論的含意を持つのかについての議論がもう少しあってもよいなど、若干不十分な点は認められるものの、議論が明晰である点などを含め、日本言語学会論文賞授賞論文にふさわしい内容を備えていると判断できる。

長屋 尚典氏
Naonori NAGAYA, “The Thetic/Categorical Distinction in Tagalog Revisited: A Contrastive Perspective”,『言語研究』156号, pp.47-66(2019年9月)[本文PDF]

 本論文は、タガログ語を日本語と対照して、日本語の「は」と タガログ語のangがKuroda(1972)の提起したthetic/categoricalの区別を表しているか否かを検討したものである。これまでの説の妥当性に疑問を呈し、新たな根拠に基づいて、個々の言語現象ごとに丁寧に論駁を行っている。特に、thetic/categorialの区別ではnominative NPsの分布は説明できないとする議論は説得的である。タガログ語と日本語で感嘆文、存在文などが完全に等価であると見なしてよいかなど、若干の疑問点はあるものの、対照研究の論文としての議論の展開が明快である点を含め、日本言語学会論文賞授賞論文にふさわしい内容を備えていると判断できる。

[授賞式(第161回大会,11/22,オンライン)]

2020年度論文賞授賞式-大滝

2020年度論文賞授賞式-長屋

○日本言語学会大会発表賞 (2011年秋季大会(第143回大会)より実施)

大会における優れた口頭発表・ポスター発表に対して授与されます(賞状および副賞賞金)。(毎回数件)(「日本言語学会大会発表賞」規程)

第161回大会(2020年秋季,オンライン)の大会発表賞(2件)

山岡 翔氏
「ベトナム語ハノイ方言の二重母音の音韻表記について:音響的観点からの検討」

 本発表は、ベトナム語ハノイ方言における二重母音の音韻表記についての見解が先行研究で統一されていないという問題を取り上げ、その問題が聴覚印象によって音韻表記が決定されていることに起因すると指摘した。その上で音響的観点、特にフォルマントの特性から二重母音を分析し、実証的に音韻表記を同定した。本研究は、そのスコープがやや狭いきらいはあるものの、これまでなされてこなかったベトナム語音韻論の音響音声学的分析が着実になされているという点で新規性があり、またその明確な実証にも高い評価が得られた。今後の展開にも大いに期待できる発表であり、大会発表賞を授賞するに値すると認められた。

吉田 樹生氏
「シンハラ語における数標示の形態論的有標性と頻度」

 本発表は、シンハラ語において無生名詞の一部の単数形が複数形よりも有標な標示をうけるという通言語的に珍しい事実に注目し、この形態論的有標性と頻度に相関がある可能性を検証した。コーパス調査の結果、無生名詞では形態論的有標性と頻度が対応している傾向があることを明らかにした。選考部会では「無標」をめぐる理論的議論がやや不足したままデータを統計処理している点に問題が見られるという指摘もあったが、統計的手法によって形態素の特性を実証的に明らかにしようとした本研究の方向性と成果は独創性と着実さにおいて高い評価が得られた。将来性という点でも、氏は大会発表賞の授賞者としてふさわしいと判断された。


[授賞式(第162回大会,6/27,オンライン)]
2020年度発表賞授賞式-山岡

2020年度発表賞授賞式-吉田


第160回大会(2020年春季,オンライン)の大会発表賞(3件)


王 丹凝氏
「南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞duuとnaraの使い分け」

 本発表は南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞の3つの形式、una、duu、naraの使い分けを記述し、特に機能的に類似した duu と nara に注目し、duu は一般的な再帰代名詞として汎用性がある一方、nara の使用には人称・格の制限があることを報告した。さらにCase Hierarchy (Blake 2001,2004)との関連を指摘し、本研究の類型論への示唆が論じられた。インフォーマントが1人であることや、発表スライドについて一部音声解説が欠落しているところなどについて改善の余地を指摘されたが、全般的に論が明快で発表もたいへん分かりやすく、方言調査に基づく記述にとどまらず類型論への貢献が論じられるなど、将来性の観点からも高い評価が得られた。


津村 早紀氏(共同発表者:新井学氏、馬塚れい子氏)
「子どもの言語理解能力の発達と抑制機能の関係性」

 本発表は、絵の判定に基づくGo/No Go課題によって計測した抑制機能の指標とガーデンパス文の解釈という言語処理機能の指標に相関があるかを5歳から8歳までの⼦どもを対象として検証した。その結果、両者の関連がみられ、混乱を誘発する⽂の理解において、抑制機能の個⼈差が影響している可能性が⽰された。刺激として用いられたガーデンパス文の逸脱性に関して意味の観点からの統制が必ずしも十分でないといった課題は残されているものの、実験計画や問題設定については新規性および発展性があり、着実な分析手法が取られている点などにおいて高い評価がなされた。


峰見 一輝氏(共同発表者:広瀬友紀氏、伊藤たかね氏)

「日本語wh疑問文における文法性の錯覚と記憶処理─文読解中の視線計測実験─」

 本発表は中央埋め込み補文を含む主節wh疑問文をめぐって、文法性の錯覚が作業記憶への探索を駆動するかを視線計測によって検証した結果を報告している。ここで問われている研究課題は、文解析器と文法が独立した異なる認知システムなのか(「独立仮説」:Townsend and Bever 2001)、それとも同じ認知システムなのか(「同一仮説」::Lewis and Phillips 2015)である。本発表では、文法性錯覚に基づく読みの促進が非文においてのみ観察されたと報告され、文解析器が文法性によって異なるふるまいを見せる点で「同一仮説」を支持するとの結論が出された。促進と抑制のロジックがやや分かりにくかったが、文法性の錯覚の実時間処理を正文と非文の比較から検証した点に新規性があり、また、論の立て方が周到で、発表もたいへん落ち着いていて着実だった点に高い評価を与えられる。



[授賞式(第161回大会,11/22,オンライン)]
2020年度発表賞授賞式-王

2020年度発表賞授賞式-王

2020年度発表賞授賞式-王

記念事業

日本言語学会80年の歩み


創立80周年記念事業の一環として、『日本言語学会80年の歩み』(PDF 1.1MB)を発行、公開しました。田窪行則会長及び会員から寄せられたエッセイと最近30年間の略年譜(1988-2018)を含みます。

この機会に同時にオンライン公開する1988年の『日本言語学会50年の歩み』(PDF 9.3MB)と合わせてご利用ください。

どちらのpdfファイルも目次しおり付きです。


150回大会記念フォーラム


150回大会記念フォーラム報告書 (PDF 929kB)

1ページ目の目次にある各項目をクリックすると該当論文にジャンプします。

夏期講座
日本言語学会では、原則隔年で夏期講座を開いています。
この夏期講座には、会員でないかたも自由に参加できますので、どうぞふるってご参加ください。
次回の夏期講座は2022年8月末に東北大学にてハイブリッド(対面とオンライン)で開催予定です。

学会プロジェクト

言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト

採択プロジェクト一覧

助成金により作成したものを公開する場合,あるいはシンポジウム・セミナー等を開催する場合は,本助成金による旨を明示してください。また,プロジェクト終了後も,会員が学会ホームページを通じてプロジェクトの成果にアクセスできるようにしてください。

年度プロジェクト名称英文名称代表者
2020手話言語学の現状と倫理:言語研究を通した社会貢献を目指してCurrent trends in sign language linguistics and research ethics: contributing to the society through linguistic research内堀 朝子氏
(東京大学)
沖縄において「しまくとぅば」、「日本語」、「英語」の多様性の魅力を伝える教育プロジェクト IISpreading the Charms of ‘Shimakutuba’, ‘Japaneses’, and ‘Englishes’ in Okinawa II兼本 円氏
(琉球大学)
2019沖縄において「しまくとぅば」、「日本語」、「英語」の多様性の魅力を伝える教育プロジェクトSpreading the Charms of ‘Shimakutuba’, ‘Japaneses’, and ‘Englishes’ in Okinawa兼本円氏
(琉球大学)
フィンランドのスウェーデン語‐合唱団のためのスウェーデン語発音講座Finland Swedish - Lectures on Swedish pronunciation for chorus當野能之氏
(大阪大学)
2018喜界語の保存と継承プロジェクトProject for preservation and revitalization of Kikai language本田盛氏
(関西学院大学)
2017採択なし
2016世界の言語で読む le petit prince"le petit prince" in languages over the world風間伸次郎氏
(東京外国語大学)
少数話者(危機)言語の研究支援と言語の多様性に関する意識啓発Promoting research on minority languages and raising public awareness of linguistic diversity井上逸兵氏
(慶應義塾大学)
2015ろう者と聴者が恊働する手話言語学ワークショップSign linguistic workshops for deaf-hearing collaboration松岡和美氏
(慶應義塾大学)
2014ろう者と聴者が恊働する手話言語学ワークショップSign linguistic workshops for deaf-hearing collaboration松岡和美氏
(慶應義塾大学)
2013応募なし
2011危機言語関連リソースの整備と公開―日本からの情報発信のための基盤構築―田窪行則氏
(京都大学)
危機言語関係プロジェクト

「危機言語」小委員会について

「危機言語」小委員会は,1994年に日本言語学会の小委員会として発足して以来,以下のような活動にあたりました。

  • 「危機言語」に携わる研究者の育成と調査研究支援
  • 「危機言語」に関連するイベントの企画・運営
  • 「危機言語」に関連する情報の提供

「危機言語」小委員会は,発足当初の目的を果たしたとして2010年3月に解散しました。これまでの歩みは「危機言語のページ」にその概略を公開しております。

今後,日本言語学会では,プロジェクト事業として危機言語をはじめとする啓蒙的な活動を推進していく予定です。今後,危機言語関係の問い合わせには,日本言語学会の広報委員会の危機言語担当者が窓口となります。


「危機言語のページ」の公開について

これまで,危機言語関係の情報の発信は「危機言語」小委員会のホームページにておこなってきました。小委員会の解散に伴い,小委員会ホームページのコンテンツを整理し,これまでの活動の記録と危機言語に関する情報の公開をおこなう「危機言語のページ」として再公開いたしました。

日本言語学会「危機言語のページ」
URL: http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/CEL/

危機言語関係の情報の集約や英語コンテンツの構築を含むコンテンツの拡充は,今後,日本言語学会のプロジェクト事業によりすすめられていくことになります。それまで「危機言語のページ」のコンテンツを引き続きご利用いただけますよう,お願いいたします。

「危機言語のページ」には,以下の啓蒙的な情報が含まれています。他のコンテンツともどもご利用ください。

2010年10月14日更新
国際情報発信強化

日本言語学会「英文要旨作成ワークショップ(第二回)」の開催と参加者募集について


趣旨・概要

 日本言語学会では,英語による『言語研究』への投稿を促進するため,英語での執筆に関するチュートリアルをワークショップとして開催していくことになりました。昨年に続き今回も,学会発表申込要旨を英語で書くためのチュートリアルをおこないます。英語で書かれた要旨を,英語母語話者の研究者に校閲してもらい,英語で書く際の注意点を,現物を見ながら解説して頂きます。
 本ワークショップは,言語学会として昨年度新規採択された科学研究費・研究成果公開促進費(国際情報発信強化)による活動の一環として、さらに新たに東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻との共催にておこないます。

日時

  • 12月18日(土曜日)
  • 10:00-13:00 (採択数によって時間短縮の可能性あり)

プログラム:

  • 会長挨拶:福井直樹氏(言語学会会長・上智大学教授)
  • 趣旨説明:佐々木冠氏(企画小委員会委員長・立命館大学教授)
  • 講演:「日本語方言研究者が英語で情報収集することの意義と情報発信することの意義」佐々木冠氏(企画小委員会委員長・立命館大学教授)
  • 英文要旨チュートリアル 2~3件:英文アドバイザー Michael Yoshitaka Erlewine氏(Assistant Professor, National University of Singapore)
  • 全体ディスカッション

開催方法

 オンライン(Zoom)

参加費

 無料

添削対象要旨の募集について

応募資格:

  • 過去3回の言語学会大会(2020年春・秋大会,2021年春大会のいずれか)で日本語で発表された方(口頭発表・ポスター発表)
  • 2021年度年会費を納付した言語学会会員
  • 本ワークショップで配信するチュートリアルの対象となることに同意される方(ワークショップ当日は,採択された申込者と英文アドバイザーがZoomで参加し,英文アドバイザーが要旨を添削し助言を受ける様子をライブ配信します。)
  • 応募する要旨は言語学会大会(2020年春・秋大会,2021年春大会)で発表した際の日本語要旨を新たに英語にしたものとしてください。(添削過程を不特定多数に公開・共有することが目的ですので,既発表の要旨を対象とすることにご留意ください。本ワークショップで添削された要旨を他の学会・研究会などで使うことは自由です。)

応募方法:

  • (1) 大会に採択された際の和文要旨のPDF,(2) 英文化した要旨のMS-WORDファイル,(3) 同じ英文要旨のPDF版の合計3つを提出。提出方法はこちら: https://forms.gle/PxwTjWChpxuRcrVp6
  • 英文要旨ファイルのタイトルは,ローマ字で「名字名前-EngWS」としてください(例,TakuboY-EngWS.docx, TakuboY-EngWS.pdf, SapirE-EngWS.docx, SapirE-EngWS.pdf など)。和文要旨のPDFは「名字名前-EngWS-JPN.pdf」としてください(例,TakuboY-EngWS-JPN.pdf, SapirE-EngWS-JPN.pdfなど)。(いずれも,ファーストネームはイニシャルのみで可)
  • 要旨の書式は大会申込時と同様:A4で1枚まで(参考文献のみ2枚目としても可)
  • 応募締切:10月20日
  • 要旨を応募した場合も,別途下記の参加申込をしてください。

選考について:

  • 選考結果は10月下旬までにお知らせします。
  • 応募多数の場合は主催小委員会で選考をします。本ワークショップの趣旨を考え,選考においては分野のバランスを考慮するなど,必ずしも内容の優劣で選ばれるわけではないことを,あらかじめご了承ください。
  • なお,応募された英文要旨は,本ワークショップの採択に関わらず英文校閲し,応募者に返送し今後の研究活動に役立てていただく予定ですが、対応できる数に限りがありますので悪しからずご了承ください。

ワークショップの参加について(オーディエンスとして)

  • ワークショップは申込制とします。
  • 申込方法:11月1日~12月1日までの間に,こちらのフォームよりお申し込みください
      https://forms.gle/oiBQPjZGvDAe1cD96
  • 参加者は2021年度年会費を納付した言語学会会員および共催組織のメンバーのみとします。
  • 先着300名
  • 参加を認めた申込者にはZoomのリンクをワークショップ当日までにメールにてお知らせします。

主催:

 科研費研究成果公開促進費(国際情報発信強化)「Eジャーナルの刊行と国際研究ネットワークの強化による研究成果の国際発信」プロジェクト

共催:

 東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻

企画:

 日本言語学会国際発信力強化小委員会




言語系学会連合
言語系学会連合

言語系学会連合(The United Associations of Language Studies, UALS)が2010年4月1日に発足しました。
日本言語学会は幹事学会の一つであり,2010年4月1日~2012年3月の間,運営委員長と事務局を担当します。
UALSホームページの「カレンダー」では,加盟学会(現在27学会)の大会スケジュールを見ることができます。
詳細は下記のホームページをご覧ください。
http://www.nacos.com/gengoren/index.html
CIPL(国際言語学者会議)
- CIPL年次報告(2015) PDF735KB
- CIPL年次報告(2014) PDF791KB


CIPLについて


 CIPLはComite' International Permanant des Linguistes/Permanent International Committee of Linguists(国際言語学者常任委員会)の略で、1928年に設立された世界の言語学会の連合組織である。現在34か国(46団体)のメンバーがいる。その主な仕事は5年に一度の世界言語学者会議(CIL/ICL:Congress International des Linguistes/International Congress of Linguists、以下CIL)の開催とBL/LB(Bibliographie Linguistique/Linguistic Bibliography、以下LB)の編集である。ほかにもUNESCOとの協賛で、危機言語研究領域で業績のあった個人・団体の表彰を行っている。

 CIPLはGA(General Assembly:参加団体から一人ずつ)とEC(Executive Committee:会長、副会長、事務局長、5人の常任理事)からなり、おもな決定はECでなされる。ECはCILのための専門委員会のメンバーの決定、新規メンバーの審査などを行う。

 CIPLの活動、GAメンバーの団体名とその代表、新しく選出されたECのメンバーについてはCIPLのホームページ(http://www.ciplnet.com/Cipl/)を見られたい。

 日本言語学会のCIPLへの加盟の正確な年度は不明である。CIPL分担金の支払いは1970年が記録としては最初である(彙報56号)が、第7回のLondonの会議(1952年)のGAへの代表として英国Cambridge滞在中の亀井孝氏の派遣が記録にあるので、それ以前に加盟しているのは間違いない(彙報22-23号)。CIPLの日本言語学会の代表は、第14回までは選挙で決められており、学会の費用で派遣されていたようであるが、学会の予算がひっ迫してきたため、第15回のCILは学術会議で旅費を負担してもらえる可能性がある代表として柴田武氏が選ばれている(彙報101)。また、下宮氏から長嶋氏への交替は会長指名としてなされており、以後選挙は行われていない。Pragueでも次のSeoulでも長嶋氏の旅費はご自分で負担されている。以後田窪、梶氏まで旅費は自分で負担した。代表は連絡委員を兼ね任期は5年であった。田窪氏はECメンバーに選ばれたため10年務めた。田窪氏の最初の任期までは連絡委員がBLの編集とCIPL代表を兼ねたが、それ以後はBLの編集は言語学会の仕事となりCIPL代表はCIPLの連絡委員としての役割を行っている。

 歴代の代表(及び連絡委員)は以下の通りである(敬称略)。


第7回London 亀井孝(1952)
第8回Oslo 泉井久之助(1957)
第9回米国Cambridge小林英夫氏(1962)
第10回Bucarest泉井久之助(1967)
第11回Bologna野上素一氏(1972) 彙報22-23 彙報61
第12回 Wien 服部四郎(1977)
第13回 東京 國廣哲彌(1982)
第14回 Berlin 松本克己(1987)彙報91
第15回 Quebec 柴田武(1992)彙報101
第16回 Paris 下宮忠雄(1997)彙報112
第17回 Prague 長嶋善郎(代理)(2003)彙報124
第18回 Seoul 長嶋善郎(2008)
第19回 Geneva 田窪行則 (2013)
第20回 Cape Town 梶茂樹(代理)(2018)


<もっと知りたい方へ>

 CIPLの連絡委員は5年で、代表として派遣されてからCIPLの連絡委員となり、5年間LBの編集作業を行うという形であったようだが、これが彙報に最初に記録されるのは下宮氏と長嶋氏の交替の際の記述(彙報124)で、それまでは明示的な形では記録されていない。また、LBの編集担当ののちCIPLの連絡委員、GAの言語学会代表となるのか、反対に代表派遣されてからLBの編集をしていたのかも不明である。野上氏の時は野上氏が代表としてCILに出席されているが、服部氏は執行委員と呼ばれている。これがLBの編集担当なのかCIPLの連絡委員なのかはわからない。CILの代表派遣が選挙で行われていたところをみるとLBの編集担当とは独立していた可能性もある。下宮氏は「CILの代表は5年間雑巾がけをやってから得られる栄誉である」と言っていたので、下宮氏の時はまずLBの編集作業をやってからGAに代表として参加していたと思われる。

 また、CIPLの委員の任期は5年でGAから次のGAまでであるので、CIPLの立場からはおそらく、歴代の代表はすべて代理として出席されていたと理解される。これが明示的になるのは長嶋氏の時で、氏はPragueのCILへの出席後CIPLの委員を5年間しかやられていないと記憶するので、Pragueへは代理出席である。田窪氏の場合はソウルでのGAには長嶋氏が出席し、5年間CIPLの連絡委(CIPLの呼び方だとGAのメンバー)、BLの編集担当を行ってからGenevaのGAに出席した。その際にECのメンバーとして選出されたためそのまま連絡委員も兼ねることになった。これはCIPLの規約としてECのメンバーはGAのメンバーでなければならないからである。そのため梶会長の指名として5年後の連絡委員を町田健氏に依頼し、BLの編集にあたってもらった。しかし町田氏が任期途中でBLの編集作業ができなくなったため、窪薗会長の時に、BLの編集を言語学会として行うこととし、平子達也氏が担当して現在に至っている。それまではCIPLの連絡委員とBLの編集担当は同一が担当していた。この経緯からすると田窪氏の任期は今回のCape Townの会議までで、梶氏は、今回(第20回会議)は田窪氏の代理出席で次回21回会議に出席してから任期が終わることになる。

(2018.7.25.)

学会関連ニュース
「学会関連ニュース」掲載希望の方は、以下のガイドラインを参考に文面をご用意のうえ、学会事務局までメールでご依頼ください。
  • 掲載する案内は数行にとどめ、詳細はリンク先を参照という形にしてください。
  • 当ウェブサイトは日英語バイリンガル・サイトです。簡単でけっこうですので英語版の文面もあわせてご用意ください。
  • 学会のリソースの関係上、一イベントに付き一回のみの掲載となります。
  • PDFなど、ファイルに関しては自前のURLリンクをご用意ください。
  • 文面は広報委員会で適宜修正・編集することがございます。ご了承ください。

過去のお知らせ

このページの先頭へ